大容量の収納機能がついています。
畳の下は大容量の収納スペース

収納畳は隠す収納ができます

何かものを収納するということは、その中のものがしっかりと保存できるようなものでなければいけません。

そのためには、湿度を通すものも適しているとは言えません。

よくあることに、しまいっぱなしでいたらカビが生えていた何ってこともあります。

これでは当然収納していたといいにくい状況であり、適した場所に入れていたとは言えないわけです。

適度に取り出したり、確認したりできるような場所であれば、こういったことも少ないわけですが、大きな収納スペースなどでは見落としてしまっていたりすることもあるものです。

それに比べ、普段から目にすることができる場所にあるものは、こういったことが起きにくいともいえます。

長期にわたって保管するようなものの場合、こういった危険が出てくるものなのです。

収納畳などであれば、リビングの中に作る収納スペースになるので、目にしやすい環境であり、隠す収納ができるものとして活躍してくれます。

さらに、畳には吸湿発散作用があります。

多くの空気中の水分を吸収してくれますし、乾燥している場合には、それを発散します。

収納畳であれば、天板の畳を陰干しすることも簡単にできますので、カビが生えてしまうような心配も少ないですし、重量も少ないですから取扱いにも優れているといえるのです。

畳収納ボックス 収納畳の高床式ユニット畳の詳細

このページの先頭へ