大容量の収納機能がついています。
畳の下は大容量の収納スペース

置き畳よりも一歩進めて収納まで考えた収納畳

洋間の空間に和の装いを作り出す方法は、いろいろとあります。

その中でも、いぐさを使った畳で空間を演出する方法に、置き畳があります。

パネル状になっているものが多く、座布団やクッションを出すような感覚でも使えますし、組み合わせておくことにより、演出するというより小さな和の空間を作り出すこともできます。

普通の畳に比べて軽量にできているため、持ち運びも便利で陰干しなどもしやすい物です。

フローリング全盛の中で、こういったものが出てくるということは、日本人からはいぐさで作る畳の文化は切り離せないものだということがわかります。

そこで、この置き畳に収納空間をつけたものが、収納畳になってきます。

天板が畳でできており、外すだけで大きな収納スペースを確保できます。

高いところにしまうにはつらい重量物も、収納畳であればすんなりとしまうことが可能です。

さらに、ボックス上になっているため複数のものを組み合わせれば、洋間の中に和室を作り出すことも可能なのです。

組み合わせ次第では、資格に組み合わせて真ん中を下げた掘りごたつの様な使い方もできますので、ひざが悪い方などにも負担をかけることなく腰かけられる、和の空間を作ることさえ可能なものになっているのです。

畳収納ボックス 収納畳の高床式ユニット畳の詳細

このページの先頭へ